HOMEお知らせ注意 > 火災が多発しています

火災が多発しています

火災が多発しています

[カテゴリー:注意
[投稿者:郡山消防署]
[更新日:2021年03月24日]
 今年に入り管内で火災が相次いで発生しており、昨年と比べ25件増加しています。

 約7割が建物火災で、特に住宅での火災が多くを占めています。(3月23日現在)

 この時季は、朝晩を中心に引き続きストーブなどの暖房器具を使用するとともに、空気が乾燥し風の強い日が多いことから、火災に対する注意が必要です。

 また、新型コロナウイルス感染症の感染予防のため在宅時間が長いことで、家庭での調理の機会が増えたり、電気機器の使用頻度が増えることで消費電力が高まるなど、例年以上に火災リスクが増加している可能性があります。

 また、たき火などを原因とした枯草火災や山火事も増加傾向にあることから、改めて各家庭で防火対策を徹底し、火災を未然に防止しましょう。

火災になった時は

家庭でのチェックポイント

暖房器具

周囲に燃えやすい物を置かない
洗濯物などを乾かすことはしない
就寝前、外出前は確実に消したことを確認する
ストーブ火災再現動画(郡山消防YouTubeチャンネル)

ストーブ(ウェブ).jpg

電気機器

消費電力(〇〇〇w)を確認し、コンセント等の許容量を超えていないか確認する
電源コードが傷ついていたり、重いもので踏みつけられている場合は危険なため使用しない
焦げた臭いや異音がした場合は使用を止める
電源コード火災再現動画(郡山消防YouTubeチャンネル)

電気(ウェブ).jpg

こんろ

使用中は絶対にその場を離れない
周囲に燃えやすい物(消毒用アルコールを含む)を置かない
IHであっても過信せず、ガスこんろ等と同様に注意して使用する
こんろ火災再現動画(郡山消防YouTubeチャンネル)

こんろ(ウェブ).jpg

たばこ

寝たばこは大変危険なのでしない
吸い殻は水につけるなどして確実に消し、小まめに捨てる
たばこ火災再現動画(郡山消防YouTubeチャンネル)

住宅用火災警報器

万が一に備えて必ず設置し、定期的に点検する
点検方法動画(郡山消防YouTubeチャンネル)

住警器.jpg

たき火

 

※ 家庭や事業所などでの焼却設備を用いないごみの焼却は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律で禁止されています。ごみは各自治体のルールに従い処分しましょう。


 農業の一環として行われる田畑などの焼却は、郡山地方広域消防組合火災予防条例に基づき「火災と紛らわしい煙等を発するおそれのある行為等の届出」を消防署・各分署等に届け出たうえで、以下の点に注意して

行ってください。

 

周囲に建物や燃えやすい物がある場所では行わない
風が強い時は行わない
事前に燃やす範囲を決めてから行う
消火の準備をしてから行う
完全に消えるまでその場を離れない

たき火と火災は紙一重.jpg

  

その他の火災予防



お問い合わせ

消防本部 予防課

〒963-8877 郡山市堂前町5番16号

TEL:024-923-8172

FAX:024-921-8777

E-mail:

郡山消防署 予防係

〒963-8877 郡山市堂前町5番16号

TEL:024-923-8175

FAX:024-932-4002

E-mail:

田村消防署 予防係

〒963-4312 田村市船引町船引字遠表24-1

TEL:0247-82-1200

FAX:0247-82-1231

E-mail:


ページトップ